« ブログはじめ | トップページ | 快傑 ドクター! »

2005.03.22

フォーエバー救命病棟24時

私の大好きなシリーズ、「救命病棟24時」の3シリーズ目が、今日最終回を迎えました。今回は東京が震災にあうという、前回・前々回のシリーズとはまた違う人間模様が描かれていたと思います。---自分の任務を全うするために人命救助より消火活動に徹し、夢で罪悪感にうなされる消防士。家が壊れて絶望していたけどがんばろうともう一度立ち上がったおそばやさん。一緒に頑張ろうと避難所にお花を配っていたおばあちゃん---
そういう救命病棟といえば、毎回完結で、見終わると泣けたり、いろいろ考えさせられたりというのがお気に入りの理由。そして江口さん扮する進藤先生。1・2シリーズでは、はっきり言って「かっこいい~!きゃ~!」という感じで見てました。特に前シリーズは、松雪さん扮する香坂先生とどうなるの?というのが、私の中で半分を占めていました(^^;でも、今回のシリーズではそんなこと思い出させないくらい救命チームは復興に向けて頑張ってました。救命チームの一人一人が自分自身も被災者で、家族のことも心配で、婚約者を亡くしたり、自分のやっていることの意味を見出せなかったり、いろいろなことを乗り越えながら・・・今日の最終回、「希望を捨てないこと」「希望を捨てなければ、人間があきらめなければ、必ず町は復興する」・・・震災からの復興に限らず、いろいろな場面で忘れてはいけないことだと思いました。

« ブログはじめ | トップページ | 快傑 ドクター! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォーエバー救命病棟24時:

« ブログはじめ | トップページ | 快傑 ドクター! »

twitter

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ともだちブログ

無料ブログはココログ