« 西遊記 第二巻 | トップページ | 西遊記 第四巻 »

2006.02.05

西遊記 第三巻

遅くなりましたが、三話の感想です。今回たどり着いたのは、みんなの夢が叶うというお寺。ここで寝ると起きた時には、夢が叶っているのです。前回、美人三姉妹のもてなしをあんなに怪しいと疑っていた悟浄なのに、なんで今回はすんなり信じちゃうかなあ(笑)あの住職のほうがよっぽど怪しいよ!とツッコミながら見てました…案の定、八戒はたくさんの食べ物に囲まれ、悟浄は美女ときゅうりのハーレム。そして、お師匠さんは、幼い頃に亡くなったお母さんとの再会。すっかり意欲をなくし、天竺への旅は終わりにしようというお師匠さんを見て、なんとか目を醒まさせようとする悟空がよかったです。ホントに悟空はみんなのことが好きなんだ、みんながいるから天竺に行くんだという気持ちが伝わる話でした。このドラマは、一見楽しいコメディチックな感じですが、悟空の言葉は心に響いてきます(*^^*)こんな夢はあきらめたときに見る夢だ。確かにそうだと思いました。楽な方に考えが行くのは本当の夢ではないんですよね。

という訳で今回は我らが悟浄は出番が少なかったですが、次回はメインです!

« 西遊記 第二巻 | トップページ | 西遊記 第四巻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西遊記 第二巻 | トップページ | 西遊記 第四巻 »

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ともだちブログ

無料ブログはココログ